/

この記事は会員限定です

ロゼッタ 仮想現実に通訳システム

VRオフィスや旅行期待

[有料会員限定]

25日の東京株式市場で、自動翻訳(機械翻訳)サービスのロゼッタ株が急反発した。制限値幅の上限(ストップ高)水準となる前日比400円(20%)高の2399円まで買われ、このままこの日の取引を終えた。子会社が仮想現実(VR)上に通訳システムを組み込んだサービスの発表会を開くと前日に発表し、材料視した個人投資家の買いが集まった。

売買代金は前日の16倍強に膨らみ、値上がり率は東証マザーズで首位だった。ロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り439文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン