/

この記事は会員限定です

三菱商事が石炭火力撤退

ベトナムで計画の1カ所

[有料会員限定]

三菱商事は25日、ベトナムで計画中の石炭火力発電所「ビンタン3」から撤退する方針を固めた。脱炭素を巡り石炭火力への風当たりが強まるなか、今後は環境負荷の低い液化天然ガス(LNG)火力や太陽光発電など再生エネルギー網の建設で協力する。三菱商事が計画中の石炭火力から撤退するのは初めて。

ビンタン3はベトナム南部ビントゥアン省に建設。総事業費は20億ドルで発電容量は約2ギガワット。最新鋭の超々臨界方式で2024...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り267文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン