/

この記事は会員限定です

官民関係、透明性なお課題

農水・総務省、相次ぎ処分 欧州では面会記録公開

[有料会員限定]

農林水産省は25日、接待問題を巡り枝元真徹事務次官ら6人を処分すると発表した。総務省も24日に接待を巡り11人を処分している。いずれも公務員と民間の付き合い方を定める国家公務員倫理規程に違反したためだ。官民の関係でどう透明性を確保するかが改めて課題になる。(1面参照

「とにかく相手に多く払わせないことを徹底している。企業の人と会う場合の鉄則だ」。民間との付き合いが多い経済産業省の官僚は語る。相次...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1034文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン