/

この記事は会員限定です

国債にもグリーンの波

独、応募殺到で利回り低く 慎重な日本、投資家離れも

[有料会員限定]

お金の使い道を環境関連に絞ったグリーン国債の発行が世界で急増している。ドイツが2020年9月に初起債し、英国も21年中の発行を表明した。消極的だった米国もバイデン政権の誕生で風向きが変わりそうだ。環境に配慮する投資家の需要も旺盛で利回りが低く抑えられる例も目立つ。費用対効果を見極めようと慎重な日本は周回遅れとなる懸念もある。

金融情報会社リフィニティブによると、20年のグリーン関連の国債や政府機関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1414文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン