/

この記事は会員限定です

独バイエル、赤字1.3兆円

前期最終、農薬訴訟の和解金響く

[有料会員限定]

【フランクフルト=深尾幸生】医薬・農薬大手の独バイエルが25日に発表した2020年12月期通期の決算は、最終損益が104億9500万ユーロ(約1兆3600億円)の赤字だった。前の期は40億9100万ユーロの黒字。20年6月に発表した除草剤の発がん性をめぐる訴訟の和解金など、主に農薬関連で232億ユーロの巨額の特別損失を計上した。

18年に買収した農薬・種子大手の米モンサントの主力の除草剤「ラウンド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り315文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン