/

この記事は会員限定です

社会学者 橋爪大三郎(3)

母が使った英語の教科書

[有料会員限定]

昔はよく人が死んだ。母と仲よしのすぐ上の兄も亡くなった。女学校で今度は母が病気になった。快復したが学年が遅れた。どっちの学年にも友達ができた、と母は楽しげに回想する。苦労もしたはずである。

母は素直で屈託がない。5年生の頃、ひと回り年の離れた姉に呼ばれた。「お前はわたしと違って器量がよくない。せめて性格をよくしなさい」。姉もよく言うが、母はなるほどと思い、性格をよくしようと心がけた。姉は祖母に似て...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り656文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン