/

この記事は会員限定です

わいせつ教員排除 足踏み

「無犯罪証明書」で再任規制案 個人情報保護など壁に

[有料会員限定]

子どもにわいせつ行為をした教員の再任を防ぐ仕組みづくりが足踏みしている。壁になっているのは個人の権利保護を定めた憲法などだ。性犯罪歴がある教員を採用段階から排除する新制度も、個人情報保護の問題を解決する必要がある。被害は高止まりしており、抜本的な対策を求める声が強まっている。

「児童生徒にわいせつ行為をした教員は二度と教壇に立たせたくない。可能な限りの手立てを講じるという強い思いで取り組む」。萩生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1496文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン