/

この記事は会員限定です

「感染減少スピード鈍化」

厚労省専門家組織 中旬以降、夜の人出増加の動き

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」は24日、足元の感染状況について「新規感染者数は2月中旬以降減少スピードが鈍化しており下げ止まる可能性もある。リバウンドにも留意が必要」との評価をまとめた。(1面参照

この日の会合では緊急事態宣言が発令されている10都府県については新規感染者数の減少が続き、医療機関や保健所の負荷が軽減しているとして対策の効果を評価。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン