/

この記事は会員限定です

フィンテック投資、有望企業に集中

世界の件数は昨年13%減、創業直後組に先行き不安感

[有料会員限定]

世界のフィンテック企業への投資で、一定以上の規模を持つ有望企業に資金が集中する傾向が強まっている。2020年のフィンテック企業の資金調達額は19年比で微減だった一方、件数は1割超減少した。成長分野がはっきりしつつあることに加え、金融市場の先行き不透明感からファンドなどが創業後間もない企業への投資を減らしている可能性がある。

米調査会社CBインサイツによると、20年の調達額は前の年に比べ2%減の約4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り974文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン