/

この記事は会員限定です

木材・合金鉄、対日で高騰 海上運賃上昇

コンテナ不足響く、解消長引く恐れも

[有料会員限定]

木材や製鋼原料の合金鉄など産業資材の対日価格が軒並み上昇している。需要の回復や生産地での供給不安に、コンテナ不足による海上運賃の高騰が重なった。コンテナ不足解消には数カ月かかるとの見通しが多く、国内の需要家には重荷となりそうだ。

住宅の壁や床に使うカナダ産製材品は、主力のSPF(トウヒ・マツ・モミ類)の日本向け規格の3月積み価格が1千ボードメジャー(BM=2.36立方メートル)あたり730ドル。S...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り818文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン