/

この記事は会員限定です

2000人居住の実験都市 自動運転住民と育てる

トヨタが着工、社会課題の「解」発明へ

[有料会員限定]

トヨタ自動車が23日、静岡県裾野市で着工した実証都市「ウーブン・シティ」。車や移動を中心とした人工知能(AI)や通信を使った先進技術・サービスの実証実験の舞台であり、数年以内に人が住める環境を整える計画だ。中でも開発に力を入れるのが自動運転で、実用化には課題もあるが交通事故や物流の担い手不足といった社会課題の解決につながると期待されている。

23日午前、第1期工事が始まる敷地内で開かれた地鎮祭でトヨタの豊田章...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1090文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン