/

この記事は会員限定です

福岡・門司の焼きカレー

卵・チーズでまろやかに

[有料会員限定]

明治期から昭和期にかけて国内有数の貿易拠点として栄えた北九州市の門司港。昭和初期までに建築されたレトロな建物が多いJR門司港駅周辺に20店以上が軒を連ねる名物料理が「焼きカレー」だ。

門司港の飲食店でつくる「門司港グルメ会」によると、焼きカレーはカレーライスと卵、チーズをグラタン用の容器に入れ、オーブンで焼くのが一般的。クミンやターメリック、カイエンペッパーなどのスパイスが利いたルーを卵やチーズと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り802文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン