/

この記事は会員限定です

パラリンピックまで半年、感染対策は 多様な障害に配慮、課題

[有料会員限定]

東京パラリンピックの開催まで24日で半年。新型コロナウイルスの収束が見通せない中、選手の多様な障害に配慮した感染対策が課題となる。大会組織委員会は介助者ら向けガイドライン(指針)を策定したほか、競技団体もプレー中の注意点などについて4~5月の実際の会場を使ったテストイベントを踏まえて検証し、本番へ万全を期す。

政府は昨年12月、東京五輪・パラの新型コロナ対策を検討する調整会議で中間整理を公表した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り551文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン