/

この記事は会員限定です

鹿島社長 押味至一氏(下)

超高層ビル建設を指揮

[有料会員限定]
  ■1991年、アクトシティ浜松(浜松市)の建設を担当する。

42歳のとき、入社時からの憧れだった超高層ビルの建設に関われることになりました。地上高213メートルのアクトシティ浜松です。当時の鹿島にとって最大の物件でした。別の現場で所長を経験していましたが、改めて勉強し直すつもりで鉄骨担当工事課長として挑戦することとなりました。

超高層ビルは通常、地下から最上階まで一続きの柱で支えます。しかしアク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り959文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン