/

この記事は会員限定です

会沢高圧が低炭素コンクリ 製造時CO2排出量抑制

年産30万トン、環境経営意識

[有料会員限定]

コンクリート製造の会沢高圧コンクリート(北海道苫小牧市)は4月、二酸化炭素(CO2)を混ぜて強度を1割程度高めたコンクリートを発売する。通常に比べセメント使用量を約8%減らし、製造時のCO2排出量を抑えた点が特徴。企業の環境意識の高まりを背景に、初年度は30万トン程度生産する。

カナダのカーボンキュア・テクノロジーズの新製法を取り入れた。会沢高圧はカーボンキュア社と2020年7月にライセンス契約し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り782文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン