/

この記事は会員限定です

社会学者 橋爪大三郎(1)

祖父の扇子

家で朗らか会社で気難しく

[有料会員限定]

母方の祖父(母の父)は姫路の出身で神戸に勤め、須磨に家があった。私が生まれる前に亡くなり、会ったことはない。須磨の駅からリキュウミチを母と登って行くと、祖母の住む家に着いた。石の蛙(かえる)や珍しい雑貨や玩具が沢山で、須磨に行くのは楽しみだった。

祖母は織部といった。姉は織賀、妹は圓。オルガ/オリーブ/アンの三姉妹である。祖母の父が明治初期に英語に凝って、子供に英語の名前をつけたのだ。

祖母が嫁い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り846文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン