/

この記事は会員限定です

牛挽き肉丼 漬物と炒め、牧歌的な香り

小泉武夫

[有料会員限定]

牛丼は薄く切った牛肉とタマネギを醤油(しょうゆ)や砂糖などで甘辛く煮込み、それを丼飯の上にのせた料理である。明治時代に入って牛肉食が始まると、ほどなく牛鍋屋が登場しそれを丼飯にかけた「牛めし」が原型だとされている。その牛鍋は牛肉とネギだけを使い、味噌仕立てであったというが、その後明治32年(1899年)に吉野家を創業した松田栄吉という人が、牛肉とタマネギを醤油仕立てにしたものを丼飯にのせ、それを牛...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1041文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン