/

この記事は会員限定です

イラン核合意、義務逸脱続く

IAEA事務局長が訪問 査察拒否の通告巡り

[有料会員限定]

【ドバイ=岐部秀光】イランが未申告の核施設への抜き打ち査察受け入れを停止すると宣言したことを受け、国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は20日夜、イランを訪問した。米制裁の解除が進まないことにいらだちを強めるイランは、核合意で定められた義務からの逸脱を続けている。

グロッシ氏は21日、イラン原子力庁のサレヒ長官と会談した。イランが23日からIAEA「追加議定書」の履行停止を予告していること...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り709文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン