/

この記事は会員限定です

危機にこそ「おもろい」、発想の枠超える推進力に

編集委員 宮内禎一

[有料会員限定]

都こんぶにパインアメ、うまい棒――菓子のパッケージをあしらったマスクケースが売れている。菓子卸・小売りの吉寿屋(よしや、大阪府摂津市)の神吉一寿社長が昨年5月、知り合いの中小菓子メーカーの社長に声をかけて「なにわ元気にするデープロジェクト」として始めた。業種を超えて鳥貴族など全国の33社・団体に広がり、売り上げの一部を「国境なき医師団」などに寄付している。

最初の緊急事態宣言が出た昨年4月、神吉社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1062文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン