/

この記事は会員限定です

CO2地下貯留を支援

経産省、海外事業に出資・債務保証 日本企業の参画後押し

[有料会員限定]

経済産業省は二酸化炭素(CO2)を回収して地下に貯留する海外事業を資金面で支援する。これまで油田やガス田の開発としてきた出資や債務保証の対象にCO2の回収・貯留事業を加える。温暖化ガス排出を実質ゼロにする手段として注目度が高まっており日本企業の参画を後押しする。

CO2の回収・貯留はCCSと呼ばれ、火力発電所などで出るCO2を大気中に放出する前に回収し地中に埋める。埋める場所は採掘を終えた油田やガ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り594文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン