/

この記事は会員限定です

米、パリ協定復帰

ケリー大統領特使「脱炭素に全力」

[有料会員限定]

【ニューヨーク=吉田圭織】米国は19日、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に正式に復帰した。バイデン米政権は4月に気候サミットを主催し、2050年までに二酸化炭素(CO2)排出の実質ゼロを目標として掲げるなど、気候変動対策を通じて国際社会における指導力の回復を目指す。

バイデン米大統領は同日、「今日、米国は正式にパリ協定に復帰した。仕事を始めよう」とツイッターに投稿した。バイデン政権は発足初日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り529文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン