/

この記事は会員限定です

国外退去処分の長期収容減らす

入管法改正案を閣議決定

[有料会員限定]

政府は19日、国外退去処分となった外国人の長期収容問題を解決するため、出入国管理法改正案を閣議決定した。入管施設に入らなくても生活できる「監理措置」や、難民に準じる新たな認定制度を設ける。複数の対策を組み合わせて収容者数の減少を目指す。

不法就労など在留資格がないのに国内に滞在する外国人は、摘発から送還されるまで原則として入管施設に収容される。国外退去処分となった外国人は自ら出国するか強制送還され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り362文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン