/

この記事は会員限定です

往診サービスじわり普及

「ナイトドクター」30分で自宅に、コロナ下救急の代替

[有料会員限定]

夜間や休日に往診する医師を手配するサービスが広がっている。スタートアップ企業などが手掛け、病院が閉まっていても医師が患者の自宅に向かえるようにする。新型コロナウイルス下で感染の不安を抱える人や医療機関の負担を軽減する。外来の受診や救急搬送に加え、新たな医療のインフラとして広がる可能性がある。

「熱が出てきたが近くの病院は閉まって困っています」。1月中旬の夜。都内の会社員、鈴木真由美さんはスタートア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り896文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン