/

問われる規模拡大の次 デジタルで選ばれる店に

コロナ禍変化の正念場

[有料会員限定]

イオンの歴史はM&A(合併・買収)による成長の歴史でもある。同業他社を傘下に収めながら、大型モールを全国で出店し、国内首位の座を固めた。一方で収益性や効率性には長年課題を抱えていて、次の一手が問われる局面にある。

再編に積極的だった当時の岡田元也社長(現会長)の下、総合スーパー(GMS)ではダイエーを傘下に収め、ドラッグストアではウエルシアグループを誕生させた。食品スーパーでも中四国地盤のマルナカと提携...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン