/

この記事は会員限定です

惑星と恒星、同時に誕生?

理研など、天体形成で推定

[有料会員限定]

理化学研究所などの国際共同研究グループは、太陽系のような天体が成長していく際、惑星と恒星が同時にできるという新しい形成モデルを示した。シミュレーションと電波望遠鏡の観測で明らかにした。

従来の「古典的惑星形成論」では、恒星の形成後に惑星ができると考えられてきただけに、今回の研究で定説の見直しにつながる可能性がある。

生まれたばかりの原始星ではガスや塵(ちり)が落下し、円盤状になって回転していく。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り404文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン