/

この記事は会員限定です

住井すゑ「野づらは星あかり」 茨城県牛久市

俺たちが本気にがんばれば、土は泣かずにすむべな。

[有料会員限定]

天気のいい日には、陽光に輝く牛久沼の水面をウインドサーフィンが風を切って疾走する。その様子を横目にみながら、近所の人が遊歩道をのんびり散歩する。

茨城県を南北に走るJR常磐線。龍ケ崎市駅と牛久駅を結ぶ線路の西側にあるこの沼のほとりに住井すゑは住み、作品を執筆し、野菜を育て、人びとと交流した。

「先生の家に各地からいろんな人が集まり、世の中の憂いごとについて熱く議論した」。住井の作品の読書会をいまも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン