/

この記事は会員限定です

アプリで禁煙 保険適用

薬と併用、診察の「空白」埋める 他疾病でも開発相次ぐ

[有料会員限定]

スマートフォンのアプリを利用して治療する「治療用アプリ」が日本で初めて保険適用された。第1号は禁煙治療用で、薬を併用し行動変容を促す。医療のデジタル化の遅れが指摘される中、治療用アプリが起爆剤となるか、注目が集まっている。

昨年12月承認されたCureApp社の禁煙治療用アプリは、患者自身が禁煙状況などを記録する患者用アプリと患者の状態をチェックする医師用アプリ、呼気の一酸化炭素(CO)を調べる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1536文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン