/

この記事は会員限定です

復興の濃淡 政策に反映

衆院比例東北 自民・藤原崇氏

[有料会員限定]

自民党の藤原崇氏が衆院選出馬を表明したのは東日本大震災からちょうど1年後の2012年3月のことだ。高校卒業まで過ごした地元、岩手3区(当時は岩手4区)の現職は小沢一郎氏。12月に衆院選が公示されると、第一声でその名前に触れた。

「私は言いたい。小沢さんは岩手を愛していたか。岩手の人が困っていた時に、話を聞きに来て力になっただろうか」

小沢氏は発災時に与党・民主党の有力者という立場でありながら、被災...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り433文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン