/

この記事は会員限定です

レッドルゼル、根岸S快勝で勢い

[有料会員限定]

フェブラリーステークスは今年最初のG1競走。前哨戦の根岸ステークス(東京ダート1400メートル)との関連が深く、同レース優勝馬は過去5年で3勝。走破タイムの速かった馬ほど活躍しており、1分23秒を切るタイムで勝った3頭が連勝した。

レッドルゼルは今年の根岸ステークスを1分22秒3で快勝。過去10年で3番目という好タイム。次に1600メートル戦に向かうことを意識して、道中で余力を残し、直線は馬群を割...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り678文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン