/

この記事は会員限定です

米、中東の緊張拡大警戒 バイデン氏、イスラエル首相と電話協議

対イラン、単独措置にクギ

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮、カイロ=久門武史】バイデン米大統領は17日、イスラエルのネタニヤフ首相と電話協議した。ホワイトハウスによると、イスラエルが敵視するイランへの対応をめぐり「継続的かつ緊密な連携」を確認した。イランは核合意破りを続けており、イスラエルが単独で対抗措置を講じて中東の緊張が高まる事態を米国は警戒しているとみられる。

ホワイトハウスはバイデン氏が「強固な防衛協力を含む2国間連携の強化に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り828文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン