/

東急ストア、DX全力投球

シノプスと連携、店を実験場に 発注・品だし、裏方磨き負荷軽減

[有料会員限定]

首都圏地盤の食品スーパー、東急ストアがデジタル技術を使った業務の見直しを進めている。システム会社のシノプス(大阪市)と連携して自社の店舗をデジタルトランスフォーメーション(DX)の実験場として、在庫管理システムを需要予測・自動発注や品だし作業の支援などに発展させてきた。食品ロス削減やネットスーパーなど将来の成長につながる分野でも効果を生みつつある。

東急ストア...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン