/

この記事は会員限定です

富山の氷見うどん

コシともちもち食感

[有料会員限定]

「日本三大うどん」の定説はないが、香川の讃岐と秋田の稲庭は有力で、残る一つには様々な名前が挙がる。富山県氷見市の「氷見うどん」もその一つだ。細麺は喉越しが良く、煮込んだ太麺はもちもちした食感が特徴だ。通信販売や持ち帰りでも楽しめる。

氷見うどんの代名詞ともいえる企業が海津屋(氷見市)だ。工場に併設する店舗で、昆布とかつお節がベースの温かいだしに入ったうどんを食べた。幅が5ミリメートル前後の細麺で、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り783文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン