/

この記事は会員限定です

島根知事、聖火リレー開催「理解得られぬ」

[有料会員限定]

島根県の丸山達也知事は17日、東京五輪の聖火リレーについて「(新型コロナウイルス禍の)現在の状況では、開催は(県民の)理解が得られない」とし、県内開催分の中止を検討することを表明した。同日開催した県の聖火リレー実行委員会で明らかにした。

丸山氏は実行委終了後の記者会見で、東京都や政府の新型コロナへの対応を問題視。「心待ちにしていたランナーの皆さんには大変心苦しいが、島根県の置かれた厳しい現状を踏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り277文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン