/

この記事は会員限定です

無用の複数コーチ制

[有料会員限定]

立浪和義臨時コーチが、中日・根尾昂らに打撃を教え、ヤクルトでは古田敦也元監督が、臨時コーチを務めている。実績も指導力も十分なOBが、外野からみているのももったいないし、ファンも喜ぶだろう。

だが、ひっかかるのが「臨時」の肩書だ。パートタイムみたいなポジションで、思い切った指導ができるだろうか。

それぞれの担当分野に、もともとコーチがいる。遠慮もあるだろう。何をどう教えるかは選手の将来にかかわる。キ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り612文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン