/

この記事は会員限定です

「医療船」実用化へ奔走 民間団体、中古船を改造

被災地でPCRも想定

[有料会員限定]

全国の被災地で自前のヘリコプターなどを使い活躍する民間の救助・医療チーム「空飛ぶ捜索医療団ARROWS(アローズ)」が、日本初となる災害医療に特化した医療船の実用化を目指している。

中古船を整備し出動訓練に励む乗組員らは「海に囲まれた日本でこそ、どこにでも駆け付け、より高度な支援ができる」と意気込む。改装費用などを賄うため寄付を募っている。

医療船は、陸路が寸断されても海路から物資を輸送できるだけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り494文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン