/

この記事は会員限定です

建売住宅の販売、15年以降最高 早い契約 値ごろ感で人気

昨年の中部3県 家族層、3000万円台中心

[有料会員限定]

分譲戸建て(建売)住宅の売れ行きが好調だ。住宅調査会社のTSONによると、中部3県(愛知、岐阜、三重)では2020年の販売が1万2170戸と19年比で14%増えた。比較できる15年以降で最高だった。値ごろ感が強く、新型コロナウイルス下でも契約手続きが短い点が販売増につながっている。

3県はマンションよりも戸建ての人気が高い。20年の新設住宅着工をみると、戸建ての比率は愛知が53%、岐阜が71%、三重が62...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り606文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン