/

この記事は会員限定です

「ミクロマン」は創造力の源

映画になった日本発フィギュア 集めた500体に映る時代と物語に刺激 指田稔

[有料会員限定]

「ミクロマン」はタカラ(現タカラトミー)が開発した全長10センチほどのフィギュアだ。販売された期間は1974~85年。当時としては珍しく、全身の関節が可動。透明なプラスチックの身体にメッキを施した部品が取り付けられた精密な造形が魅力だった。

前身は特撮やア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1281文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン