/

この記事は会員限定です

国内資源 開発前倒し

天然ガス原料 経産省が方針、脱炭素実用化備え

[有料会員限定]

経済産業省は国内の資源開発の時期を前倒しする。メタンハイドレートは2027年度としている商業化に向けた事業開始を早める方向だ。水素やアンモニアといった使用時に二酸化炭素(CO2)を出さない脱炭素燃料の実用化を見据え、原料となる天然ガスを国内でも確保できる体制づくりを急ぐ。

15日の総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)の小委員会で今後の石油・天然ガス戦略を議論した。化石資源の大半を輸入する日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り318文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン