/

(商社進化論 第6部リテールの未来 1)伊藤忠、現場×ITで勝負

ファミマのデータから最適解 在庫削減効果100億円

[有料会員限定]

コロナ禍はリテールの環境を変えた。電子商取引(EC)が台頭し、消費者の行動様式も改まり、商社が深く関与するコンビニエンスストアのビジネスモデルは岐路に立つ。商社進化論の第6部は商社各社が新たに描き直そうとする「リテールの未来」を読み解く。初回は消費者起点のデータ活用に乗り出した伊藤忠商事の改革の現場を追った。

「シミュレーションの通りの成果が出ている。いける」。伊藤忠の次世代ビジネス推進室の関川潔室長は拳を...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン