/

この記事は会員限定です

「人の助けに」親の方針が原点

教育家 小川大介さん

[有料会員限定]

――大阪のご出身ですね。

「祖父母、両親と弟、妹の7人家族。丸いちゃぶ台を囲んでわいわいガヤガヤ、漫画『サザエさん』そのものの一家でした。父は中堅商社に勤めていましたが、母が三味線の師範だったこともあり出入りする大人と会話をする機会が多かった。子供扱いされなかったせいか、口が達者になりました」

「親の教育方針は単純明快、『人の助けになれ』でした。長男で成績優秀だったこともあり、細かいことをあれこれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り938文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン