/

この記事は会員限定です

調理実習、コロナで様変わり

器具は共用せず、動画で自習

[有料会員限定]

クラスメートとにぎやかに語り合いながら調理する――。そんな家庭科の調理実習の風景が新型コロナウイルスの流行で様変わりした。感染防止のため私語は禁止、調理器具を生徒ごとに用意するといった取り組みが進む。各校は音楽など他の実技科目も含め、対策に工夫を凝らして「学び」を継続している。

「作業に必要のない私語はしないように」。クリスマスを控えた2020年の12月初旬、私立須磨学園(神戸市)の中学2年生約4...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1239文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン