/

この記事は会員限定です

EV増産で金属高騰 コバルトやレアアース

原料需給に逼迫観測

[有料会員限定]

電気自動車(EV)に使う鉱物資源の相場が上昇している。電池向けレアメタル(希少金属)のコバルトの価格は約2年1カ月ぶり高値を付け、モーター用レアアース(希土類)の代表品は約7年9カ月ぶりの高水準。主要国が脱ガソリンの姿勢を強め、足元でEVの販売も増え普及観測が高まった。原料調達が過熱し、EVのコストを押し上げる恐れもある。

充放電を繰り返すEV電池の正極材に使うコバルトの価格は現在1ポンド22ドル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1004文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン