/

この記事は会員限定です

(政策を聞く〈太陽光発電〉)農地活用へ規制緩和を

維新・参院議員 柳ケ瀬裕文氏

[有料会員限定]

日本は電源構成で石炭火力に頼りすぎている。エネルギーを自給自足する観点から再生可能エネルギーの普及が欠かせない。太陽光発電はその有力候補といえる。

出力が天候に左右されるため現時点では不安定だ。普及を進めるには規制緩和が必要となる。

耕作に使われていない荒廃農地を太陽光発電の用地へ転用すべきだ。現行では原則農地以外に活用できない。日本は欧州に比べて平らな土地が少ないため、太陽光の大規模な設置は難し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り358文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン