/

この記事は会員限定です

鹿島、純利益10%増

4~12月、追加工事の獲得寄与

[有料会員限定]

鹿島が12日発表した2020年4~12月期の連結決算は、純利益が前年同期比10%増の764億円だった。売上高は1兆3889億円と3%減った。土木事業で設計変更に伴う追加工事を獲得するなどして採算が改善したが、オフィスビルや工場など建築事業(単体)の苦戦が目立った。建築の完成工事高は2割減、粗利益は8%減った。他の大手3社も建築は2割程度の減収だった。

建築事業は東京五輪に向けて前期までに大型工事が相次...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り460文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン