/

この記事は会員限定です

「コロナテック」で営業継続

中国発、次々と上陸 衆趣科技、VRで内覧

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策として中国で普及した新技術が日本に続々と上陸している。仮想現実(VR)技術を使った内覧システムなどは独自の進化も遂げている。中国発「コロナテック」は、日本でも身近な存在になりつつある。

「道具選びの相談に乗るなど、オンラインでもリアルに近い環境を低コストで整えたかった」。スポーツシーブイ(千葉県鎌ケ谷市)の中村勇太専務は、VR技術を使った店舗の内覧サービスを導入する理由を語る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り804文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン