/

この記事は会員限定です

(短評)『MMTは何が間違いなのか?』G・A・エプシュタイン著

[有料会員限定]

『MMTは何が間違いなのか?』G・A・エプシュタイン著

主要通貨を発行する国は、極端なインフレを招かない限り、どれだけ国債を発行しても行き詰まらない。だから積極的な財政出動で景気刺激に努めるべきだ。そんな論法で物議を醸す現代貨幣理論、通称「MMT」の問題点を説く。

副題は「進歩主義的なマクロ経済政策の可能性」。著者は米マサチュー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り164文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン