/

この記事は会員限定です

米、人権問題を前面に 中国は緊張緩和探る

首脳電話協議

[有料会員限定]

【ワシントン=永沢毅、北京=羽田野主】バイデン米大統領は中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席との初の電話協議で台湾や香港・ウイグルなどの人権問題を前面に打ち出した。気候変動などでは協力の構えも示した。対米関係の安定に向けて緊張緩和を探る習氏と早くもさや当てを強めている。(1面参照

電話協議は米東部時間10日夜(日本時間11日午前)に実施された。中国国営の新華社通信は今回の電話はバイデン氏からか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り813文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン