/

この記事は会員限定です

伊勢丹シンガポール、不動産売却も「選択肢」

中心地の商業ビル

[有料会員限定]

【シンガポール=谷繭子】三越伊勢丹ホールディングスのシンガポール子会社、伊勢丹シンガポールは、同国の商業中心地オーチャードロードにある商業ビル「ウィスマ・アトリア」の持ち分売却について、「選択肢を検討している」と10日までに明らかにした。同国では2020年10月に地場老舗百貨店のロビンソンズが廃業を決めるなど、小売業界が新型コロナウイルスの打撃を受けている。赤字が続く伊勢丹も手元資金が厳しくなっており一等地の不動産を手放す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り461文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン