/

この記事は会員限定です

「有報に気候変動の影響を」

金融庁有識者会議、企業に開示促す

[有料会員限定]

金融庁は10日、気候変動への対応など持続可能な経済成長に向けた投融資について議論する「サステナブルファイナンス有識者会議」を開き、投資を呼び込む企業の情報開示を充実させる方策を議論した。気候変動が企業に与える影響について法定の有価証券報告書で開示を充実させるべきだとの意見が多かった。

気候変動に関するリスク開示を促す「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言に基づき、有報での情報開示を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り406文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン