/

この記事は会員限定です

UAE探査機、火星軌道到達

「科学立国」目指す

[有料会員限定]

【ドバイ=岐部秀光】中東の産油国、アラブ首長国連邦(UAE)が打ち上げた火星探査機が9日午後(日本時間10日未明)、火星の周回軌道への突入に成功した。UAEは宇宙開発をバネに科学技術立国へとカジを切りたい考えだ。

「アマル」(アラビア語で希望、英語名はHOPE)と名付けた探査機は、2020年7月20日、鹿児島県の種子島宇宙センターから三菱重工業のロケット「H2A」によって打ち上げられた。

「アマル」は火星上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り410文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン